So-net無料ブログ作成

下町ロケット2 登場人物 佃航平

スポンサードリンク

下町ロケット2 登場人物 佃航平

前作から3年、待望の新シリーズがドラマ化

すべての働く人たちに捧ぐ

情熱と感動のエンターテインメント巨編が帰ってく来た!

日曜劇場「下町ロケット」

今回はドラマの主な登場人物を紹介させていただきます。

第1回目は、ゴースト編から阿部寛さんが演じる佃航平の紹介です。

佃製作所 社長

小型エンジンを開発・販売する佃製作所の二代目社長。

技術者として誇り高く仕事をする熱い男。

かつては宇宙科学開発機構の研究員であったが、ロケット打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、父が遺した町工場を継いだ。

しかし、ロケットへの夢は捨てきれず、ロケットエンジンに必要不可欠なバルブシステムを研究開発。

帝国重工のロケット事業「スターダスト計画」では開発したバルブシステムが採用された。

さらに、心臓病患者のための人工弁の開発「ガウディ計画」に協力。

作り上げた人工弁は実用化に向けてスタートするなど順調な日々を送っていた。

そんなある日、帝国重工から、「スターダスト計画」が次回で終わるかもしれないと告げられる。

追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーからも小型エンジンの取引削減を言い渡され、佃は強い危機感を抱いて・・・。

以上が、下町ロケット2 登場人物 佃航平の紹介でした。

下町ロケットの放送は毎週日曜 21:00~21:54 です。
どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 池井戸潤 原作 ドラマ 下町ロケット 完全攻略 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。