So-net無料ブログ作成

下町ロケット2 あらすじ 10話

スポンサードリンク

下町ロケット2 あらすじ 10話

前作から3年、待望の新シリーズがドラマ化

日曜劇場「下町ロケット」12月16日(日)は、10話目の放送となります。

原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第4弾「下町ロケット ヤタガラス」

今回は、気になる10話目のあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット2 あらすじ 10話は、下記の内容となります。

見事帝国重工のテストをクリアし、無人トラクターのエンジンとトランスミッションの納品を再び依頼された佃(阿部寛)。

下町トラクターのライバルとして、市民の目の敵となった帝国重工に、佃は協力すべきか悩む・・・。

佃はトランスミッションの完成を目指し、島津(イモトアヤコ)を引き入れようとスカウトしようとするが苦戦・・・。

そのころ殿村(立川談春)の実家には嵐が訪れようとしていた・・・。

緊急事態にチーム佃は総力戦で挑む!

以上が、下町ロケット2 あらすじ 10話の紹介でした。

下町ロケットの放送は毎週日曜 21:00~21:54 です。
※ 10話目の放送は、21時00分~22時09分 までの拡大版です。

どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 池井戸潤 原作 ドラマ 下町ロケット 完全攻略 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。