So-net無料ブログ作成

下町ロケット2 あらすじ 最終回

スポンサードリンク

下町ロケット2 あらすじ 最終回

前作から3年、待望の新シリーズがドラマ化

日曜劇場「下町ロケット」12月23日(日)は、最終回の放送となります。

原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第4弾「下町ロケット ヤタガラス」

今回は、気になる最終回のあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット2 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

懸命にモノづくりに挑む佃(阿部寛)率いる佃製作所。

彼らの想いに共鳴した島津(イモトアヤコ)も佃製作所に加わったのだった。

そして迎えた首相視察。

観客からも首相からも全く相手にされず、トラブルで立ち往生してしまうアルファ1。

さらには帝国重工から湧き上がる内製化の声に佃達は頭を悩ませる。

そしてついに佃製作所と帝国重工の最後の戦いが始まる。

日本の農業を救うために前に進み続ける男たちの姿を見逃すな!!

以上が、下町ロケット2 あらすじ 最終回の紹介でした。

下町ロケットの放送は毎週日曜 21:00~21:54 です。
※ 最終回の放送は、21時00分~22時09分 までの拡大版です。

どうぞ、お楽しみください。

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © 池井戸潤 原作 ドラマ 下町ロケット 完全攻略 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。